produced by 株式会社共立合金製作所 / エバーロイ商事株式会社

お電話からのお見積り・お問い合わせ

0120-901-190

技術情報・技術コラム

2021.05.30

2021.06.25

  • その他
  • スプレーノズルの基礎知識

スプレーノズルの構造

スプレーノズルの構造

当コラムでは、スプレーノズルの構造についてご説明します。スプレーノズル・エアーノズル ソリューションナビを運営するエバーロイは、長年培ってきたノウハウにより様々な構造上の工夫を行っています。

1流体(フラット、ストレート)

一般的なスプレーノズルは、流体の流路は1つです。流入口があり、ノズルの内部を通り、オリフィスよりスプレーされます。仕様の流量、スプレー角度に合わせ、流路径やオリフィスの形状をカスタマイズします。

1流体(フルコーン、ホロコーン)

ノズルの構造は先述のフラットやストレートパターンの1流体ノズルと同じですが、ノズル内部に中子と呼ばれる流体を旋回させる部品を内蔵しています。この中子により流体を旋回させることで、フルコーンまたはホロコーン状のスプレーを得ることが出来ます。

1流体 循環式

1流体ノズルの流量は一般的に噴射圧力の平方根に比例するのでスプレー可能な流量範囲(ターンダウン)は狭くなりますが、戻り圧力を制御することによって広いターンダウンを可能にした循環式のノズルがあります。

このように2重管構造になっており、供給側の流入と戻り側の流出口があります。この循環式の場合、一般的な1流体ノズルのターンダウンが3:1に対して10:1までターンダウンを増やすことが出来ます。

2流体ノズル内部混合

2流体ノズルとは液体と期待を混合させて噴霧するノズルのことで、混合方法は内部混合と外部混合の2種類あります。ノズル内部で液体と気体を混合させる方法です。小流量のものから大流量のものまで対応可能です。

2流体ノズル外部混合

ノズル外部で液体と期待を混合させる方法で以下の2つの方式があります。
・圧力方式:液体をポンプ又は圧力タンクで加圧して送る方式
・サイフォン方式:気体の吸引効果を利用して液体を送る方式

お気軽に当社に御相談ください!

スプレーノズルの構造を簡単にご説明させて頂きました。当社は、ノズル構造をカスタマイズした特注ノズルのトップメーカーとして皆様に選ばれてきました。スプレーノズル・エアーノズルにお悩みをお持ちの皆様、お気軽に当社に御相談ください!


関連情報
スプレーノズルとは?基礎知識とノズルの種類

お気軽にご相談ください

スプレーノズル・エアーノズルソリューションナビを運営するエバーロイは、
設計開発技術と解析・評価試験技術に圧倒的な強みを持ち、お客様の要望にマッチしたノズルを提供してまいります。

技術資料ダウンロード

これまで培ってきた実績・ノウハウをもって皆さまに高付加価値なノズルを提供いたします。

資料ダウンロードフォーム

お見積り・お問い合わせ

よくあるご質問

過去お客様より多くお問い合わせいただく内容を掲載しています。

詳しくはこちら